So-net無料ブログ作成

F1第14戦シンガポールグランプリ決勝 [モータースポーツ]

ナイトレース・ストリートサーキットで行われるグランプリ、昨日の予選はあっさりヴェッテルがポールをきめて順当な予選でした、このサーキットはSCがレースの行方を左右すると思いますがなんと言っても抜きづらいサーキットのため予選順位が最重要なファクターでしょう、レッドブルはアジアではセブンイレブンがスポットスポンサーにつきますね、ポールヴェッテルは1コーナーそのままトップでウェバー・ハミルトンは順位を落としアロンソが2位ロズベルグが3位ウェバーは4位ハミルトン8位に、相変わらすウェバースタックしそうなスタートあおりをくったハミルトンは淳を落とした5ラップでヴェッテル2位のバトンに8秒の差10周目でアロンソを抜いてようやくウェバー3位に浮上、同時にアロンソピットへ12周目相変わらすハミルトン・マッサ絡んでハミルトンのフロントのパーツとんで、マッサパンク14周目ヴェッテルピットイン2位のバトン、プライムでピットアウトしてハミルトン13位までおとしてます25周目3位アロンソピットイン26周目順位1位ヴェッテル2位バトン3位ウェバー4位アロンソ5位デラロサ6位スーティル13位に可夢偉ですここまでのリタイヤはグロックのみ30周目マイケルとザウバーペレスに追突してSCここで上位陣はピットイン、マイケルはリタイヤ、フロントが浮き上がってカメラのあるコーナーへ怖いですね!SCあけ33周目リスタート話にならんウェバー独走、バトン以下かわいそうにとんでもない差が付いているウェバーはアロンソをかわし3位に浮上、1ラップで8.9秒バトンと差が付いてますよ!?43周目ポジション1位ヴェッテル2位13.1秒差でバトン3位ウェバー4位アロンソ5位になんとハミルトンです47周目ウェバーピットインでハミルトンの後ろに入るハミルトンもあと1回ピットに入る48周目バトンピットインレースが動いた、48周目ヴェッテルピットインソフトスーパーソフトで最後までアロンソも49周目にピットイン、レッドブルはバトンの作戦に反応してますね順位おさらい50周目1位ヴェッテル2位バトン3位ウェバー4位アロンソ5位ディレッサの順位
55周目バトン追い上げるがヴェッテル王者の走りでレースを完全にコントロールしてますギャップを一定に保ってますのこり2周でギャップ5.6秒、ここへきてアルグエルスワリ壁に激突リタイヤ最終ラップ9位からの集団にのみこまれましたがこのままヴェッテルPPから優勝、今期9回目2位バトン3位ウェバー4位アロンソ5位ハミルトン6位デイレッサ7位ロズベルグ8位スーティル9位マッサ10位ペレス、可夢偉は14位です次回15戦目は鈴鹿へ是非ヴェッテルチャンピオン決定してください。

F1第14戦シンガポールグランプリ [モータースポーツ]

Q3 1回目でヴェッテル余裕の1’44,381でポールポジション2位ウエバー3位バトン4位は1回でやめたハミルトン5位アロンソ6位マッサ7位ロズベルグ8位マイケル9位スーティル10位デレロサですQ2で壁に激突の可夢偉は17位です、ヴェッテルは完璧な予選でした、明日は21時からCS放送夜景もきれいです楽しみです

珍しいでしょ [日常]

今や田舎でもそう多くは見られなくなりました、彼岸花色々言い伝えはありますが、子供の頃にはいろんな場所で見ることができました、これは家の庭に咲いています。由来はこちらでチェックしてください. IMG_0354.jpg

最後の満開 [日常]

今年最後の月下美人です、本当に最後になりました、可憐で夜咲く花 朝にはしぼんでしまう何とも奥ゆかしい花です、寂しさとうれしさと来年への期待が入り交じった最後でした
IMG_0351.jpg

まとめて咲きました [日常]

月下美人ですがまとめて5個咲きました、帰宅すると玄関の前が良い香りで充満して幸せな気持ちになりました小さなことですが毎年私たち家族を癒してくれる素敵な出来事です
IMG_0346.jpg
あと1個残っていますまだ楽しめます

今年も3回目咲きました [日常]

月下美人ですが今年も3回目咲きました蕾を6個持ってますが今日は1個だけです

IMG_0343.jpg
膨らんできて咲く当日の昼間
IMG_0344.jpg
満開
IMG_0345.jpg
残り5個咲きます楽しみです、香りが玄関を開けると充満してます

F1第13戦イタリアグランプリ [モータースポーツ]

ポールポジションはレッドブルのヴェッテル2番手にハミルトン3番手にバトン
高速サーキットのイモラは最高速を競うようにマシンを作るところをレッドブルは立ち上がりから差をつける戦略をとってます、全く他のチームとは考え方が違って、ヴェッテルはポールから考えた戦略で逃げ切り、最高速はヴェッテルで327キロ最速のペレスは340キロですので相当違いますがヴェッテルは最高速を直線の早い時点でだしますがその他のチームはストレートエンドで出す戦略です。アロンソ4番手から1コーナーまでにトップに、その後ろ中段グループは1コーナーで事故で1周目からSCが出ました可夢偉とリウッツイーが押されてコースオフ、バリチェロ・ペトロフ・ニコが巻き込まれました。4周目に再スタート、シューマッハはステップアップの3位に現在の順位は1位アロンソ2位ヴェッテルと5周目にはヴェッテルの思惑通りトップに返り咲きウェバーはマッサと絡んでリタイヤ、ランキング2位のウェバーはノーポイントレースになりました13周目3位4位争いをしているハミルトンをシューマッハのバトルがおもしろいここでバトンもキター、17周目ハミルトンがミスした隙にバトンが4位に同一周回でバトンはマイケルを抜いて3位になりマイケルはそのままリアがきつくなりピットへ18周目バトンが上位勢では2台目のタイヤ交換4位のハミルトンも1回目のタイヤ交換へ入った。21周目にトップのヴェッテルが余裕のタイヤ交換、24周目に可夢偉リタイヤですどうしたザウバー!!ロスブラウンからマイケルにブロックするにもちゃんとラインを1本残せとロスブラウンが2回もマイケルに無線を入れてます ハハハ!マイケル場がんばれ28周目にようやくハミルトンがマイケルを抜いて4位に2位争いも楽しいアロンソとバトン5位までは全てワールドチャンピオンなんですよね33周目34周目に2回目のピットストップ、現在の順位は1位ヴェッテル2位バトン3位アロンソ4位マッサ(1P)43周のポジションは1位ベッテル2位バトン3位アロンソ4位ハミルトンとなってます、なつかしいジャンアレジの顔も見えました、ザウバーはギアボックストラブルで2台ともリタイヤになりました残念!!9位争いは最高速争いの、トロロッソのブエミとルノーのセナです48周目にルノーのセナがブエミを抜いて9位にトップを走るヴェッテルは余裕の走りところでヘルメットのデザインを毎回変えるヴェッテル今回はトロロッソ時代に初めて優勝した時のデザインですね(雨の中のレースでしたプライベートチームが大メーカーを負かしたレース)結果は1位ヴェッテル2位バトン3位アロンソ4位ハミルトンという結果になりました、このレッドブルの不得意なサーキットでレッドブルが勝ったということは他のサーキットでは,,,,,,

月下美人 [日常]

月下美人がまたまた咲きそうです、今年3回目なので今回は日記風に写真でレポートしてみます。
9月9日 つぼみが8つ付いているのを発見
IMG_0337.jpg
葉っぱの途中から出てくるんですよ
IMG_0336.jpg

ここは何?? [日常]

CTを撮るのに総合病院を紹介されていってきました、行ってみてびっくり外観がこれIMG_0334.jpg
エントランスを見るとIMG_0331.jpg
中に入って(受付)フロントとといえる場所IMG_0330.jpg
診察室IMG_0332.jpg
バブルの時代の豪華ホテルといったようですが、病院関係者と患者は至って田舎の健全な人々でした
ハハハ